坂宮心春@電子書籍作家

*マリクロ|電子書籍総合出版社 作家公式ブログ*
<< あと何回、好きって言えるかな | main | 恋愛は消費財なの? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| スポンサードリンク | - | | - | - | - |
渡せなかったチョコ
 バレンタインデー後の初週末。


ある程度の年齢になると、
バレンタインに
チョコを渡して告白する、
なんてことを真剣にすることはあまりないかも。


それでも、
女子らしいイベントにかこつけて、
恋ともいえない段階の“好き”っぽい位の気持ちは
伝えてみたいって気はしませんか。


別に真剣につきあいたいとかではないけど、
義理チョコにかこつけて、
渡してみたいなあ、と思う人がいました。


とはいえ、
その人だけに渡すと、義理でも目立ちそう。


なので、同じような仕事でお世話になっている人にも
用意して渡そうなかぁ、と。


で、結局、
その「義理チョコとはいえ、本命」には
周りにがさがさ人がいて渡せず。


義理チョコって、かえって全員に用意してないと
渡せないんですよね〜


とはいえ、わざわざ呼び出したりするのは、
真剣そうな感じで気が引ける。


というので、チョコは机の中のまま。


フェイクで渡そうとしたチョコも
ばかばかしくなり、渡せず。


しかたなく、自分で食べましたが・・・。
ゴディバのチョコだったので、
今でも、バレンタインシーズンになって
ゴディバの店をみると、
ちょっとその時のキュンとした胸の痛みの甘美さを想いだします
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 坂宮心春 | - | 22:28 | - | - | - |
スポンサーサイト
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| スポンサードリンク | - | 22:28 | - | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>