坂宮心春@電子書籍作家

*マリクロ|電子書籍総合出版社 作家公式ブログ*
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| スポンサードリンク | - | | - | - | - |
もしかして、愛されてます?
「もしかして、愛されてます?」


これは、彼と1回しか二人で逢った事のない時の彼の言葉。


まだ恋愛の初期と呼ぶにも早すぎる
知人の範疇だった頃。


「わぁ、ずいぶんいきなりで、ストレートだなあ。
しかも、かなり図々しい」


「そうだったら、どうします?」
と質問系で切り替えそうと思ったが、
「君が頼むんなら、考えてもいい」
なんて上から目線の答えだと怖いので、
その時はスルー。


もしかして、かなりガサツな人かも?
それが彼のつきあう前の印象。


そんなやりとりから、
1年も経っていないのに、今、こうして一緒にいて
夜、人通りの少ない信号待ちの交差点では
わたしが「ねぇ」と言ってキスをせがみ、
彼が少し困った顔をしながらキスしてくれる。


わきまえてないのは、
君の方だよ、って感じ。


現実の方が、予想を上回る(^_^;)


つきあい始めて分かったのだけれど、
彼はガサツでも、図々しくもなく、
かなり細やかな温かみのある人柄で
その上、直感力がかなり鋭かった。


あの時の「愛されてます?」の言葉は、
まだ、わたし自身さえ自覚していない気持ちに
気づいていたのかなぁ。


わたしとしては、
程よく礼儀正しく(笑)していたつもりなんだけど・・・


感情、だた漏れ?


それにしても、
まだ、二人で1回しか逢ったことのない人に
“愛されてます?”ってよく言えたよね・・・
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:15 | - | - | - |
性欲のカタチは?
気持ちというか、ココロのカタチって、
イメージが「ハート」ですよね?


で、ココロを体感する場所って、
胸のあたり、じゃないですか?


で。
性欲のカタチと場所って?


わたしのイメージだと
イモムシみたいな感じ(^.^)
目はなくって、キューキュー鳴き声はあげられるの。


棲んでいるのは、子宮の中。


普段は、丸まってクークー寝ているの。
起きだして、騒ぎ出すと、
大きくなって、バタバタしだす。


…そんな感じ。


最近、わたしの子宮の中の
イモムシみたいなものは、
彼がすっかりお気に入りのようで
彼に逢いたがって、キューキュー鳴き叫びます。


「あのさぁ。今、そんなこと言ったってダメだって」
といってもお構いなしで、コントロール不可。


岩明均作の『寄生獣』というコミックに
主人公の手に寄生していた「ミギー」というのがでてきます。
“手”なんですが、
人間に“パラサイトしている獣”なんで
意思もあり、しゃべりもします。


子宮の中に、彼の言うことしか聞かず、
彼にしか懐かない寄生獣「ミギー」を飼っている気分。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:54 | - | - | - |
タクシーでの密室の10分間
タクシーに彼と乗って、
彼の肩に寄りかかる。


素面だと、運転手さんに気を使う彼も
少し酔っているので何も言わない。


頬を寄せるように顔をあげると
音を立てないようにキスしてくれる。


こういう時のキスは、柔らかくって大好き。
思わず、何度もキスをねだる。


キスし終わって、
彼の首元に頭をもたれかからせて
前を向いている彼の横顔を
上目遣いに見る。


斜め下から見上げる彼の横顔は
とっても凛々しい。
この角度から、ぼっと顔を眺められるのは
恋人の特権の1つ。


ね?
こういう時の顔って、
めちゃくちゃカッコよく見えませんか?


スタジオジブリの映画『猫の恩返し』でも
バロンの横顔を、主人公がこの角度で見上げるシーンがあった。


たぶん、この角度で見る彼の顔が好きって人は
かなり多いんじゃないのかしら。


「ねえ」と耳元で言うと、
視線だけ、わたしの方を向けてくれる。


わたしが肩に寄りかかっているので
彼は顔を動かせず、見下げられるようになる。
すっごく横柄な感じ。


彼氏じゃないと、すっごく嫌な奴と思いそうな
横柄な態度がわたしは大好き。


タクシーが目的地に着くまでの10分間は
かなり至福の時、です。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:53 | - | - | - |
生理の時
昨日から生理で、
今日はちょっとお腹が痛い。


生理になると、
真っ先に考えるのは、
彼と逢う日は、生理何日目かって言うこと。


別に彼は生理でも気にならないみたいなんで、
いいんだけれど。


岡崎京子のもっともわたしが好きなコミック『pink』の中で
主人公のユミちゃんが、
生理の時にHして、
部屋中に散らばった丸めた血のついたティッシュを見て
「素敵。ローズガーデンみたい」と言っていたっけ。


実際には、そんな色には染まらない。


それに、
血のついたティッシュを部屋中に散らかす人たちって
いるの?


少なくともわたしは、しないよ〜。
なんか、恥ずかしいし。


1つだけ、
彼に聞いてみたいことがある。


まだ、なんとなく聞きそびれているけれど、
今度、聞いてみようかな。


「ねえ、わたしの生理の血って、どんな味?」
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:10 | - | - | - |
ワンピースを選ぶ理由
今日、仕事で横浜に行く。
少し時間があったので高島屋デパートに寄ったら、
春らしいピンクとベージュのワンピースが目についた。


最近は、ワンピースばかり欲しくなる。


理由は些細なこと。
彼と少しゆっくりした時間を過ごした後で、
服を着る。


ワンピースの時は、
彼に背中を向けて「ね?」と言うと
無言でチャックをあげてくれる。
「ありがと」と言っても、
まだ身支度中の彼は、わざわざ答えない。


少しずつ馴染んでいっているわたし達の
そんな5秒位の時間が好きだから。


自分であげようと思えばあげられるチャックを
「ね?」という言葉だけでねだる淡い甘えと
「自分でチャックあげれば?」
なんて野暮なことを彼が言わない小さな寛容


そんなゆるい一瞬が好きだから。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:51 | - | - | - |
“かけがいがないもの”って、ナニ?
自己啓発なのか、
会社で、日常業務とは離れた宿題。


お題は、2つ。
1)あなたにとって、
“かけがいがないもの”はなんですか?

2)あなたを“かけがないがないもの”にするために、
あなたは会社で何をすべきだと思いますか?


1)は、あまりにパーソナルな話なので、
会社に出す必要はない。
提出義務ありだと、もっともらしいことを書く人続出しそうだけど(^_^;)


“かけがいがないもの”って、
真っ先に思い浮かんだのは、当然カレの入賀君。


“かけがいがない”を言い換えると
「代替手段がない大切なもの」とすれば、
もっているモノだと値打ちのあるものはないしなぁ。


コレクションは、カエルグッズだし(^_^;)


それにしても。
「あなたを“かけがないがないもの”にするために、
あなたは会社で何をすべきだと思いますか?」って!??


こう問われると、会社のことはとりあえず、おいておいて
つい変換してしまう。


「わたしを入賀君から“かけがいがないもの”と思ってもらうために、
わたしは入賀君に何をすべきだと思いますか?」って。


う〜ん。どうしよう?
・・・でも、この問いって、すっごく利己的で感じ悪い。


前提が「わたしを入賀君から“かけがいがないもの”と思ってもらうために」
っていうのが、自分本位すぎて嫌な感じなんだろうね。
「自分が愛されればいいの?」って感じで。


まあ、本来の趣旨だけに活用しようっと。


もっともやっていることで思い浮かんだのは、
自宅のトイレや洗面台など水周りには、
ロクシタンのシアバターを1個ずつおいて、
手を洗ったり、気になる時はすぐつけていることぐらい(^_^;)


だって、入賀君は「手が綺麗」って言ってくれるんだもの。
これからもキープできるように、と想って。


結局、やっていること入賀君のためでもなんでもないかしら?
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:09 | - | - | - |
カレの好きなこと。…知ろうとする?
雑誌で
カレの好きな人が特集になっていた。


広告で知っていたので、
本屋で買ってみる。


カレと逢うとたまにその人の話がでていたけれど、
わたしはあんまり良く知らないので
かなりチンプンカンプン。


カレが好きだからといって、
無理に好きになろうとは思わないけれど、
AKB48でも、鉄道であっても、
一応は、どこかいいか知りたい、と思う。


で、読んでみる。


う〜。
あんまりわかんない・・・。
小学生並みの感想しかいえなさそう。

AKB48なら、「人数多いね」位?
…ダメだよね。それじゃあ。


中途半端すぎると
マニアな人にいうと、かえって恥ずかしいしし…。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:13 | - | - | - |
通販のチョコ、届かなかった
入賀君へのバレンタイン用に
事前にチョコのお取り寄せ注文をしていた。


スイーツのお取り寄せは結構あるけれど、
わたしは始めて。


ここ2週間ぐらいぼっとしていたら、
結局、なぜか届かず…(^_^;)


届かないことに、慌てたけれど、
自宅にいないと受け取れない…
なんか痛恨のミス。


入賀君、そんなにイベントにこだわる人じゃないけれど、
付き合い始めて初めて迎える
バレンタインになんにもしない人たちって、いる?


せっかく、喜ぶと思って、
ホワイトチョコでコーティングされた
リアルっぽい「芋虫とカブトムシの幼虫」のチョコを注文していたのに!!


なんか時期遅れると結構マヌケな感じがあるよね・・・
ど〜しよ〜かなぁ〜
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:00 | - | - | - |
彼へのおねだり
今日は気になることがあって、
ちょっと気持ちが不安定。


しっかりしなきゃ、
と思っても不安が拭えない。


入賀君は、忙しそうだし、
心配してもしょうがないことなんで
普段通りに、と思ったけれど、
止めた。


ちょっとためらったけれど、
入賀君にメールをうつ。


昼間っからだけれど、
一言でいいから「愛している」って言って!って。


夕方になって、入賀君からメールが入った。


「愛している」って言葉と
励ましと、
今、しなくてはいけない大切なことが書いてあった。


メールをみていたら、涙がでる。


入賀君は普段だと「好き?」っていう言葉も
「ホント、女って、そーゆー言葉が好きだよなあ」と
たまに渋ったりするんだけれど(^_^;)
今日は、すんなり。


本当にその言葉が必要な時と
どうでもいい邪推から聞いている時かの
区別がつくのかしら。


うん。そうだね。
入賀君が言っている“今、大切なことをしよう”。


なんかうまく言えないけれど
信じるって、こんな気持ちなのかな。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:02 | - | - | - |
元気の出し方
ちょっと元気を出したい時って
どうしてますか?


すごーく落ち込んだ時ならば、
即行、カレと逢う、というのはアリでしょうが、
それほどおおげさな時じゃないし
カレにだって迷惑。


で、わたしは
カレからもらったメールを見返すのが
一番効きます。


今、一番のお気に入りは
「心春が大好き!」というような短いメール。


1月にくれたメールですが、
最近のお供です。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
ロマンス小説 プティまり文庫
http://putjimaribunko.jp/
ガールズラブ オトメ文庫
http://www.otomebunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | カレ | 23:56 | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>